快要成為廢墟的天空...

關於部落格
  • 14057

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

聖少女領域

まだ云(い)わないで 呪文(じゅもん)めいたその言葉(ことば) “愛(あい)”なんて羽(はね)のように軽(かる)い 囁(ささや)いて パパより優(やさ)しいテノールで 奪(うば)う覚悟(かくご)があるのならば 百万(ひゃくまん)の薔薇(ばら)の寝台(ベット)に 埋(う)もれ見(み)る夢(ゆめ)よりも 馨(かぐわ)しく私(わたし)は生(い)きているの どうすれば醜(みにく)いものが 蔓延(はびこ)ったこの世界(せかい) 汚(けが)れずに羽(は)ばたいて行(ゆ)けるのか ひとり繭(まゆ)の中(なか) 学(まな)び続(つづ)けても 水晶(すいしょう)の星空(ほしぞら)は 遠(とお)すぎるの まだ触(ふ)れないで その慄(ふる)える指先(ゆびさき)は 花盗人(はなぬすびと)の甘(あま)い躊躇(ためら)い 触(ふ)れてもいい この深(ふか)い胸(むね)の奥(おく)にまで 届(とど)く自信(じしん)があるのならば 白馬(はくば)の王子様(おうじさま)なんか 信(しん)じてるわけじゃない 罅割(ひびわ)れた硝子(カラス)匣(ケエス)に 飾(かざ)られた純潔(じゅんけつ)は 滅(ほろ)びゆく天使(てんし)たちの心臓(しんぞう) また明日(あす)も目覚(めざ)めるたびに 百年(ひゃくねん)の刻(とき)を知(し)る 眠(ねむ)れない魂(たましい)の荊(いばら)姫(ひめ) くい込(こ)む冠(かんむり) 一(ひと)雫(しずく)の血(ち)に ああ現実(いま)が真実(しんじつ)と 思(おも)い知(し)るの まだ行(い)かないで 月光(ツキアカリ)の結界(けっかい)で 過(あやま)ちに気付(きづ)いてしまいそう 安(やす)らかなぬくもりに抱(だ)かれ 壊(こわ)れたい私(わたし)は 罪(つみ)の子(こ)なのでしょうか そっと零(こぼ)れてくる 涙(なみだ)の意味(いみ)さえ分(わ)からない もう云(い)わないで 呪文(じゅもん)めいたその言葉(ことば) ”愛“(あい)”なんて 鎖(くさり)のように重(おも)い 囁(ささや)いて パパより優(やさ)しいテノールで どんな覚悟(かくご)もできるのならば さあ誓(ちか)ってよ その震(ふる)える唇(くちびる)で 蜜(みつ)を摘(つ)む狩人(かりゅうど)のときめき 攫(さら)っていい この深(ふか)い胸(むね)の奥底(おくそこ)を 射抜(いぬ)く勇気(ゆうき)があるのならば 貴方(あなた) 捕(つか)まえたらけして 逃(にが)さないようにして
相簿設定
標籤設定
相簿狀態